SDIM1140


 

数えで七年ごとの大祭、
諏訪の町は御柱祭で一色になる。
いつ、何のために始まったかも定かではないお祭りに、
皆、命を賭して参加する。

あれだけ無関心でいられたこのお祭りに、
今回ばかりは心の奥の火を感じてしまう。

やはり自分も諏訪人だったみたい。

 

 

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)