Design Edit : Atsushi Miyasaka / Produce : Shinji Inagaki  / Published: shogakukan

江國香織さんの長編小説「金米糖の降るところ」を紹介する映像です。

今や本も映像でのプロモーションが日常化しており、
アマゾンや店頭で観る機会も多いです。

映像を見ることで「枯渇感」が生まれ、書籍がきちんと潤してくれます。
リッチメディアである映像と、想像力を必要とする書籍が反する関係ではなく、
不思議な補完関係を持っています。

映像と書籍のメディアの連携を計画しつつ、
双方の制作が行えるような「ブックデザイン」を考えていきたいと思います。