Art Direction & Design : Atsushi Miyasaka /Produce : Kenichiro Inoue , Tomoyuki Kurio  / Client: LIGHT Optical Works, Ltd.

郷里諏訪のライト光機製作所さんはライフルスコープや双眼鏡など光学系のトップメーカーで、
世界中のライフルの1/3は、こちらのスコープを装着しているというグローバルメーカーです。
そのライト光機さんが、コンシューマー向けに暑い夏の夜を快適に過ごすための心地の良い新商品を開発しました。
新商品COCOMINは電気水まくら。
薄いシートの中に新技術の特殊なネットが挟まれておりヒンヤリとした水が循環しています。
冷却技術も最先端。
エアコンに頼るしかなかった暑い夏の夜ですが優しい水の冷たさで快適な睡眠ができます。
電気消費量も少なくECO SLEEPとも言える機能の商品です。

縁あってご紹介いただき、商品ロゴ等の開発をお手伝いをさせていただきました。
新発表の商品で市場も競合もあまり無い状況。
商品の自己紹介から始めなくてはいけないというリスクがあります。
ロゴ開発としては商品の使用イメージ、効果効能、そしてネーミングを瞬時に伝えることが重要と思いました。

説明はメーカー寄りの発信なわけで、使用するお客さんの立場でのコミュニケーションが難しいのですが、
そこは佇まいで解決できます。
セレクトショップに置かれていても良し、
モダンで年齢層も選ばず、商品の出発点でもある「優しさ」を伝えるイメージを作ろうと思いました。

工場を見学させていただいたのですが、工場の規模に比べて大変社員の数が少なく少数先鋭の職人集団という印象でした。
食もそうですが、本当に日本の財産は東京では無い場所に無尽蔵にあるなぁと思いました。
故郷の企業ということもあり嬉しいプロジェクト参加でした。