Model : AKB48 / Photography : Kishin Shinoyama / Design & Video Edit : Atsushi Miyasaka /Produce : Naoyuki Wasaka  / Published: Shogakukan

AKB48の研究生から選りすぐりの5名を集め、篠山紀信さんが撮りおろしたプロジェクトです。
映像構成とパッケージデザインを担当しました。

当時AKBはしっかりとチェック柄の印象が強く、
造形の類似性を探すのが好きな自分としては、
舞台となるスカイツリーの橋脚はチェック柄として見えました。

全体のキーイメージとなるものにチェック柄を採用して、スカイツリーに重ねたり、
メンバーのイメージに重ねたりしています。

震災の前の年の暑い夏、スカイツリーもまだ半分しかできておらず、
子供でもなく女性でもない年頃の、まだタレントでもなく普通の女の子でもない少女たちが、
物語があるような無いような不思議な世界の中にいます。
このグレーさが作品の魅力だと思ってます。

翌年の震災で、食品の出自の確認や安全な将来に向けてのアクションを真剣に考えるなど、
モノゴトをはっきりさせなくてはいけない空気に急激に変わりました。

この作品を観るたびに、このグレーな空気感を遥か過去に感じてしまいます。
個人的に震災の前後をとても感じる作品です。

 

amazon