Deisign : Atsushi Miyasaka / Photo : Toshitsugu Shimada

もうだいぶ前の仕事です。

当時マルチメディアと言うコトバが広告業界でも広がっており、
勤務していた広告会社で印刷や放送の従来のメディアしか扱いのなかった営業職に向けて、
デジタルの可能性やビジネスへの展開の仕方をレクチャーする冊子を作りました。
スーツのポッケに入る手帳サイズで軽く薄く中身の濃いものを目指しました。

名付けて「マルチメディアあんちょこブック」まるちょこ。

「バナーというものがある」とか、「ゲーム内に広告を打つ」とか、「CS放送が始まる」とか、
今となっては時の流れを楽しむしかないションボリな内容ですが、
当時の重要なキーワードがたくさん内包されていました。

デジタルの明るい未来とは裏腹に、
今まで気にしなくても済んでいたネガティブな部分も装丁的に表現してやろうと思い、
かわいい「水着の女の子とハイテク」という表1のビジュアルに対し、
表4は漏電しそうなくらいこんがらがった配線と、
サイズの合わない水着を無理矢理着せられた様子を作りました。

カメラマンの島田さんがネガで撮影して色をいじるというアイデアを出してくれて、
70年代の西海岸のパソコン見本市みたいな色合いになりました。
モニタに映るブラウザーはネットスケープ!